NFT

【NFT Giveaway】NFT無料プレゼントの受け取り方とデメリットを解説

困った人
困った人
NFTのGiveawayってなに?どうやって受け取るの?

 

という疑問にお答えします。

Twitterでよく見かける「NFTのGiveaway」とは、NFTのプレゼントを意味します。

Giveawayに当選すると、無料でNFTをGETできるチャンス!
あさひ
あさひ

 

この記事では、Giveawayの受け取り方、企画の参加方法、当選確率がアップする裏話を解説していきます。

記事のまとめ
  • 受け取りには、メタマスクが必要
  • 企画の参加は、Twitterで探す
  • Giveaway専用アカウントでは、当選しにくい

 

この記事を書いた人。

Giveaway当選経験あり。自身でも企画したことがあるため、信頼担保になると思います。

NFT Giveawayとは?参加するデメリットも紹介

Giveawayとは、NFTを無料プレゼントする企画

主に、Twitter上で行われるプレゼント企画です。

Give(与える)away(離れた場所に)が語源となっています。

 

困った人
困った人
無料でプレゼントする意味ってあるの?

 

Giveawayを行う目的は主に「認知度の向上」です。

意図的にバズらせることができるため、より多くの人に作品を届けることができます。

 

こちらは、以前行ったGiveaway企画です。

 

この企画のインプレッションを公開します。

1ツイートで多くの人々にリーチすることができました。

 

企画の参加条件に

  • リツイート

が含まれているため、意図的にツイートを拡散することができます。

無料でプレゼントする代わりに、拡散に協力してください、といったイメージです。
あさひ
あさひ

 

参加するデメリット

デメリットは、大きく2つあります。

  • タイムラインがリツイートで埋まる
  • 偽のGiveaway企画もある

Giveaway企画に参加する条件には、必ずリツイート(RT)が含まれます。

あなたのツイートが見たいフォロワーにとって、RTばかりでは困りますよね。

困った人
困った人
じゃあ、Giveaway専用のアカウント作ろうかな。
Giveaway専用アカウントはおすすめしません…。当選しないので…。
あさひ
あさひ

 

当選しない理由は「【裏話】Giveaway企画の当選確率を上げるには」で解説しています。

 

偽のGiveaway企画もある。

このように、悪質なGiveawayもあります。

こちらの方は、「STEPNスニーカー」のGiveaway企画(当時10万円)を行い、締め切り間近でツイートを削除。

当選確率を上げたい方は「LINE登録してください」と促し、たくさんの顧客リストとフォロワーを集めただけで終わりました。

信頼できるアカウントの企画のみ、参加しましょう。

NFT Giveaway・受け取るまでの3ステップ

  • 【1】メタマスクをインストールする
  • 【2】Giveaway企画に参加する
  • 【3】企画者の指示に従い、メタマスクアドレスを送る

注意点もあるので、順番に読んでいってください。

【1】メタマスクをインストールする

【メタマスクとは】

仮想通貨ウォレット(財布)。NFTの保管に使用できる。

はじめに、メタマスクをインストールします。

PC・スマホのどちらでも使用できます。

あさひ
あさひ
操作はできるだけ、PCから行ってください。

スマホはセキュリティが弱いため、ハッキングのリスクがあります。

 

メタマスクのインストールがまだの方は、こちらの記事から進めてください。

≫【PC・スマホ】Metamaskをインストールする手順

 

【2】Giveaway企画に参加する

Giveaway企画は、主にTwitterで行われます。

  • #NFTGiveaway
  • #Giveaway

などのハッシュタグで検索してみましょう。

 

企画ツイートの「条件」を全てクリアすると参加申し込みとなります。

【NFT Giveaway用語解説】

WL:ホワイトリスト。優先購入権のこと。
Tag3over:@メンションをつけて、3名を紹介する
Join:Discordのコミュニティに参加する

 

【3】企画者の指示に従い、メタマスクアドレスを送る

あさひ
あさひ
当選者には通知が届きます。

 

当選通知が届いたら、企画者の指示に従い、メタマスクのウォレットアドレスを伝えます。

メタマスクのウォレットアドレスは、「0…」から始まる文字列です。

 

 

NFTの確認方法と、表示されないときの対処法

送られたNFTは「Hidden」内にあります。

Hiddenとは「隠された」という意味。

 

まず、Openseaにアクセスし、メタマスクのウォレットを接続します。

接続後、「More」から「Hidden」を選択。

 

表示させたいNFT左下の「…」を選択し、「Unhide」をクリックすると、コレクション内に表示することができます。

見覚えのないNFTには触らないこと

Hiddenリスト内には、覚えのないNFTがたくさん送られてきますが、すべて詐欺です。

 

触れずに放置しておきましょう。

あさひ
あさひ
最悪、メタマスクが乗っ取られます。

 

【裏話】Giveaway企画の当選確率を上げるには

捨てアカウントを使わない

Giveawayは、ボランティアではなく、れっきとしたマーケティングです。

あさひ
あさひ
あなたが企画者なら、どんな人に渡したいですか?

 

  • タイムラインがリツイートばかり
  • プロフィール設定をしていない
  • 極端にフォロワーが少ない

 

このようなGiveaway専用アカウントはBot(自動プログラム)として判断され、仮に当選しても、再抽選される可能性があります。

 

NFTを渡したい、と思ってもらえるアカウント運用を心がけましょう。

まとめ

手順は、以下の通りです。

  • 【1】メタマスクをインストールする
  • 【2】Giveaway企画を検索し、参加する
  • 【3】企画者の指示に従い、メタマスクアドレスを送る
あさひ
あさひ
NFTを自分で購入してみると、もっと楽しさがわかりますよ。

 

NFTの購入で、損をしていませんか?

心配な方は、こちらの記事もあわせてお読みください。

 

≫【2022年】NFTの買い方・購入サイトや買うときの注意点を徹底解説