NFTの買い方

ポリゴン(Polygon)NFTの買い方。購入時に気を付ける3つの注意点

困った人
困った人
ポリゴンNFTを買いたい。お得に買う方法教えて。

 

この記事では、手数料をできるだけ抑えて、ポリゴンNFTを購入する手順を解説していきます。

ポリゴンNFTの購入は、失敗が多いので最後まで読んでくださいね。
あさひ
あさひ

 

ビットバンクのポリゴンでは、NFTを購入できません!

注意その①です。

大事なことなので、先にお伝えしておきます。国内で買えるポリゴンは、NFTを購入するためのポリゴンではありません。

 

このように、ポリゴンNFTには落とし穴が3つあります。

正しい手順さえわかってしまえば簡単です。記事通りに進めてみてください。

 

この記事の要点
  • ポリゴンは2種類ある
  • ガス代を抑えるなら、海外取引所を経由する必要がある
  • XRPで送金すると実質無料

手数料で損をしたくない方は、GMOコインから送金しましょう。 

GMOコインは、送金手数料無料を採用しているため、 海外取引所への送金にもっとも適した口座です。

GMOコインでリップル(XRP)を 購入し、海外取引所へ送金するだけで、NFT購入コストを抑えることができますよ。

手順のまとめ
  • GMOコインでリップル(XRP)を 購入する
  • Bybitでポリゴンを購入する
  • ポリゴンをメタマスクに送金する

この記事を書いた人

仮想通貨投資歴5年。このアイコンもポリゴンNFTなので、信頼担保になると思います。

ポリゴン(Polygon)NFT購入時に気を付ける3つの注意点

  1. ポリゴンチェーンのポリゴンを購入すること
  2. Opesea内でのブリッジはガス代がかかる
  3. 手数料を抑えるならGMOコインを使う
あさひ
あさひ
今後、NFTを購入するなら知っておきたい内容です。

順番に解説していきます。

【注意①】ポリゴンチェーンのポリゴンを購入すること

冒頭に説明したビットバンクのポリゴンはERC-20(イーサリアムチェーン)のポリゴンです。

OpenseaでNFTを購入するには、Polygonチェーンのポリゴンを購入する必要があります。

チェーンの説明すると複雑になるので、図で簡単に表すと、

同じポリゴンでも、線路が違うイメージ。

この記事では、NFTが買えるポリゴンの買い方をお伝えします。

【注意②】Opesea内でのブリッジはガス代がかかる

Openseaには、イーサリアムをポリゴンに両替できる機能があります。

この両替は、簡単にイーサリアムをポリゴンに両替できる一方で、ガス代が多くかかるデメリットもあります。

ポリゴンNFTの購入が目的なら、ブリッジせず送金したほうが安い。

ガス代がかかってもいいから、イーサリアムをポリゴンに両替したい方は、こちらの記事を参考にしてください。

≫【2022年】NFTの買い方・購入サイトや買うときの注意点を徹底解説

【注意③】手数料を抑えるならGMOコインを使う

GMOコインは、大手GMOインターネットグループが展開する仮想通貨取引所です。

入出金&送金手数料無料を採用しているため、 海外取引所を頻繁に使用するユーザーに好まれている取引所です。

最短10分後には取引を開始できます。送金手数料を抑えたい方は開設しておきましょう。

≫GMOコイン

ポリゴンNFTを購入する3つの手順

  1. GMOコインでリップル(XRP)を 購入する
  2. Bybitでポリゴンを購入する
  3. ポリゴンをMetamaskに送金する

順番に解説していきます。

GMOコインでリップル(XRP)を購入する

困った人
困った人
何でリップルなの?送金手数料無料だから、どれも同じでしょ?

 

送金手数料無料は、GMOコインに対して支払う手数料が無料、という意味です。

仮想通貨の送金には、

  • 取引所に支払う手数料
  • マイナーに支払う手数料

の2種類があります。

 

リップルは、マイナーに支払う手数料がとにかく安いのが特徴です。

※1円以下なので、実質無料。

 

GMOコインからリップル(XRP)で送金すると、ほぼ無料で海外取引所へ送ることができます。

あさひ
あさひ
購入は販売所ではなく、取引所を使用してくださいね。

≫GMOコインを開設する

Bybitでポリゴンを購入する

Bybitは、600万人以上のユーザー数を誇る、世界有数の取引所。

Bybitを開設していない方は、サクッと開設しておきましょう。メールアドレス・パスワードのみで開設できます。

海外取引所バイナンスは、ポリゴンの出金を一時停止しています。(2022年3月16日)

同じ海外取引所でもバイナンスからは送れないのでご注意ください。

 

Bybitにリップル(XRP)を送金した後、いったんUSDTへの交換する必要があります。

あさひ
あさひ
リップルではポリゴンを買えないので、USDTに交換します。

はじめに、「XRP/USDT」のペアを選び「売り」を選びます。これにより、リップルがUSDTへ交換されます。

その後「MATIC/USDT」のペアを選び「買い」を選びます。これで、リップルがポリゴンへ変わります。

同じ時間に売り買いしているので、損はしません。

ポリゴンの表記は「MATIC」です。検索時注意。

【ポリゴンはなぜMATICと書かれているのか】

2017年に開発がスタートした当初はMATIC(マティック)と呼ばれていましたが、2021年2月にPolygon(ポリゴン)へとリブランディングされました。

 

ポリゴンをメタマスクに送金する

送金する前に、受け取り先であるメタマスクの設定をします。

「ネットワークを追加」をクリックし、

該当箇所に、以下の情報をコピペします。

ネットワーク名 Polygon Mainnet
新しい RPC URL https://polygon-rpc.com/
チェーンID 137
通貨記号 MATIC
ブロックエクスプローラーのURL https://polygonscan.com/

これで、メタマスクでポリゴンが表示されるようになります。

 

準備ができたら、Bybitからメタマスクへ、ポリゴンを送金します。

特別な送金手順はありませんので、いつも通り「メタマスクのアドレスをペースト」し、出金申請を行ってください。

チェーンタイプは「MATIC」です。ERC-20を選ばないように。

混雑していると、着金まで時間がかかるので、気長にお待ちください。

あさひ
あさひ
待っている間に、購入方法のおさらいをしませんか?

 

Openseaの使い方、欲しいNFTの並び替え方法も開設しています。待ち時間に読んでみてください。

≫【2022年】NFTの買い方・購入サイトや買うときの注意点を徹底解説